Kバレエカンパニー

Membersメンバー情報

ステージング アシスタント / プリンシパルキャラクター渡辺 レイRei Watanabe

渡辺 レイ

プロフィール

群馬県太田市生まれ。山本禮子バレエ団にて山本禮子に師事。
第47回東京新聞全国舞踊コンクール第1位 文部大臣奨励賞受賞。
1993年オランダのネザーランド・ダンス・シアター2に入団。
1997年フランスのリヨン・オペラ・バレエ団へ移籍。
1999年スウェーデンのヨーテボリ・オペラ・バレエ団に移籍。
2002年オランダのネザーランド・ダンス・シアター1へ移籍。
2005年スウェーデンのクルベルグ・バレエ団に移籍。

2000年マルティーノ・ムラー振付『ロミオとジュリエット』のジュリエット役でベストダンサー賞を受賞。世界的に著名な振付家イリ・キリアン、ウィリアム・フォーサイス、マッツ・エック、オハット・ナハリン、ヨハン・インガーなど数多くの作品を踊る。
2006年よりオランダとチェコを拠点にフリーランスダンサーとして活躍。ウァツラフ・クネシュ率いる “420people”、金森穣率いる新潟 “Noism07” 北南米ツアーなどに出演。オランダ・シアターダンススクールにて講師を務める。

2012年 拠点を日本に移し “Opto” を結成。Opto主催公演やワークショップなどを開催する他、『兵士の物語』『水炎伝説』(中村恩恵振付) 『トキ』『not yet』(小㞍健太振付)へ出演。
16年、Ballet Gentsのために『The time of evocation』を振付、17年には熊川哲也との共同振付・出演による『Fruits de la passion~パッションフルーツ』でKバレエ カンパニー公演に参加。

18年Kバレエ カンパニーのために『FLOW ROUTE』振付。Kバレエスクール小石川校コンテンポラリークラス、山本禮子バレエ団コンテンポラリークラスの指導など後進の育成にも力を入れ、コンテンポラリーダンスを通じて芸術文化の研鑽に積極的に務めている。